キッチン

ゴミ箱収納はどこが正解?部屋を圧迫しない第3の選択肢

投稿日:2019年5月14日 更新日:

 

ご訪問ありがとうございます!

 

 

だんだんと外が暖かくなってきて、虫さんがこんにちわする季節となりましたね。

 

そろそろ我が家にも黒いヤツがでるんじゃないかと…戦々恐々としております。

 

 

なかでもヤツらが出没しやすい場所といえば、キッチンとゴミ箱周辺。

 

というわけで今回は、そんなゴミ箱収納の工夫についてお話したいと思います!

 

 

間取り作り「ゴミ箱収納」で悩む…。

キッチンといえば、間取り作りでも時間を取られるポイントのひとつ。

 

場所、作業スペース、収納、と結構こだわりを詰めましたが、

 

最後の最後、ギリギリまで決らなかったのは

 

「ゴミ箱の収納場所」

 

でした。

 

こんなふうに、カップボードの中に収納したり、

 

 

スマートでおしゃれなデザインのゴミ箱をあえて見せることも考えたんですが、

 

 

 

せっかくのカップボードやキッチンスペースが狭くなるし、何より匂いや湿気が溜まりそう…。

 

夏場に虫の住処になりそうなところは、できれば家に作りたくない…!!

 

ゴミ箱収納の第3の選択肢

ベランダドア

 

そんなすずこもり宅の第3の選択肢がこちら!

 

キッチンをまっすぐ奥に進んで…

 

ロールスクリーンを開けると、ベランダ直通のドア!

 

ベランダドア

 

そのドアを開けた真横に、大きなバケツ型のゴミ箱を設置しました。

 

ゴミ箱置き場

 

キッチンで使う生ごみはビニール袋に入れて、

 

キッチンのゴミ捨て

 

その都度、口をきつく縛ってゴミ箱にポイしてます。

 

ニトリゴミバケツ

 

 

 

「外」にゴミ箱を収納する利点

 

1. 匂いが出ない

にんにくアイコン

なんといっても、1番は「部屋に匂いが広がらない」ところ!

生ごみの匂いって結構強かったりしますが、外にあるので全く気になりません。

小さい袋に入れて口を縛っているためか、暖かくなってきた現在も虫や鳥の被害はゼロ。

きたところで部屋の中までは入ってこないので、安心感があります。

 

2. キッチンに近い

歩いている人のイラストアイコン

ゴミ箱を置くなら、やっぱり使い勝手に響く「近さ」は譲れないところ!

1日の終わりにパっと捨てられるので、毎日ストレスフリーです。

我が家は2階キッチンなのでベランダですが、もちろん勝手口の横でもOK。

大容量のバケツ型がおすすめですよ!(我が家はニトリ)

 

3. 部屋から見えない&スペース広々

竣工

部屋からゴミ箱が見えないので、キッチンの見た目は超スッキリ。

外観を全く邪魔しません。

床に直置きしないので、掃除の邪魔や通行の妨げにならないところも大きいポイント!

お部屋が広々と使えるって、やっぱり快適です。

 

分別ごみ箱はリビング収納に

リビングクローゼット

 

生ごみはそんな感じで外なんですが、資源ごみなど匂いの出ないものはリビングクローゼットに収納してます。

 

分別ごみ箱

 

下にキャスターがついているので、出し入れも便利!

 

分別ごみ箱

 

資源は2週間に1度の回収ですが、4人家族分のゴミはこの容量で十分でした。

 

 

ペットボトル、紙類、ビン缶類を分別してます。

 

 

 

ゴミ箱収納で迷ったときは「外」もアリ!

ゴミ箱置き場

キッチンの使いがってを大きく左右するゴミ箱収納。

悩んだ分、今はこの使い勝手に結構満足しています。

もちろん間取りや生活スタイルで使い勝手は変わりますし、置き場所はひとつではありません。

ただ「部屋の中にどう作るか」で迷っている方は、ぜひ「外もアリ」ということも、頭の片隅に入れて置いてみてくださいね。







-キッチン
-, ,

検索


↑更新報告と家づくりネタをぼちぼち更新↑

注文住宅おすすめ記事と書いてあるアイコン