キッチン

新築にIH採用はデメリットだらけ…!?料理とキレイにかかわる3つの注意点

投稿日:2018年8月2日 更新日:

 

 

ご訪問ありがとうございます!

 

注文住宅なら、1度は憧れるであろうIH。

モデルハウスで見るキッチンはIHが多いし、やっぱりスタイリッシュでかっこいいですよね…!!新築を機に「IHデビュー!いいじゃない!」なんて思っていたのはきっと私だけではきっとないはず。

 

しかし、我が家が最終的に選んだのは何故か「ガス」( ゚Д゚)

 

というわけで今回は、知られざるIHのデメリットをご紹介しようと思います。

前回の記事で『次回は建築様子のレビューかなあ』とか言っていましたが、すみません!すみません!わすれてー!

新築キッチンはガス?IH?

3D内覧会

一般的にメリットが多いとされているIH。「掃除がしやすい!」「オール電化にすればお得」なんて話はよく聞きますよね。

他にも「火を使わないので安全性が高い」「キッチンが暑くなりにくい」とうれしいポイントが結構そろってます。が、

実はデメリットも多い…!

数々のメリットに隠されていますが、実はデメリットも多め。ガスでは普通にできていたことができなくなって、後悔する人も少なくないのだとか…。

新築早々後悔はしたくない…!ということで、夫の栄養士な人脈を生かしデメリットを調査してみました。

IHデメリット1. 傷や焦げがつきやすい

傷

まずあがったのは、プレートの傷つきやすさ。ガスと違いお鍋を直置きするので、どうしても細かい傷や焦げがつきやすい欠点があります。

最近は保護するカバーもあるそうですが、間に挟むのでズレたり鍋が滑ったりする事故もあるのでIHに合った商品選びが重要になりそうですね。デザインも豊富だけど、せっかくのIHのスタイリッシュさが半減しちゃうのはちょっとガッカリ…。

IHデメリット2. エラーが多い

IHを職場で使ってる人に多かったのは、「とにかくエラーが多い!」という声。

夫も職場で使っているのですが、ちょっとしたことでエラーが起こるたびにピーピーと音が鳴るため「ノイローゼになる」と大反対されました…(;゚Д゚)

う~ん、電化製品、便利だけど融通がきかないのが難点ですね。

逆にIH対応じゃない鍋を使っていたのに警告音が鳴らず、「いつまで待ってもお湯が沸かなくて無駄な時間を過ごした!」という人も。彼はただのドジですが、こういうの日常で結構ありそう…。

IHデメリット3. 土鍋やスキレットが使えない

土鍋

なかでも一番すずこもりがデメリットを感じたのは、育ててきた土鍋やスキレットが使えないというところ…!

IH対応しているものしか使えないので、オール電化で節約はできても、ナベ全購入じゃ初期費用が結構かかります。

なにより、気に入っている道具を今まで通り使えないのは結構痛い…!

海苔をちょっとあぶったり、マシュマロを焼いたりもできないので最新でありながら意外と使い勝手が狭いなと感じました…。

 

 

お料理好きさんはガスがおすすめ!

今回インタビューしてわかったのは、調理関係者には圧倒的にガス派が多いということ。

すずこもりの周りだけな可能性もありますが、自分の好きな道具を使いたかったり、料理にこだわりたい人はやっぱりガスが使いやすいのかもしれません。

まとめ

・オール電化や掃除のしやすさで決めるならIHがベスト

・調理や器具の自由さで選ぶならガスがおすすめ

・調理にこだわる人はガス、掃除のラクさにこだわる人はIHな傾向

というわけで、我が家はIHを諦めガスとなりました。

すずこもりと同じく「IHっておしゃれ!」という気持ちで採用予定の方は、ぜひともご注意くださいね。

 

▼建具の色も要注意…!

 突然ですが、お部屋を作るとき「建具の色」ってどう選びましたか?「建具=室内ドア」なわけなんですが、収納扉の色と合わせたり、お部屋の雰囲気を調整したり…。他が出来上がっちゃってる分、これがなかなか迷うんですよねぇ…(;゚Д゚)正直、できるだけオシャレ...

 

▼注文住宅おすすめ記事まとめました!

はじめましての方も、常連のみなさんもこんにちは!ナチュラルモダンな二世帯暮らし、管理人のすずこもりです。今回ご挨拶に伺ったのは他でもありません。投稿記事のほぼ90%近くが「注文住宅」関連を占めるのこのブログの、おすすめ記事を厳選して分類わけしてみまし...







-キッチン
-, ,

検索


↑更新報告と家づくりネタをぼちぼち更新↑

注文住宅おすすめ記事と書いてあるアイコン